オオツカ介護

RECRUIT
SITE

INTERVIEW

インタビュー

R.Mさん

訪問介護事業所 管理者

オオツカで働くキッカケは?

もともと人を喜ばせられる仕事に興味がありました。
祖父が脳梗塞で倒れてしまい要介護状態となった時に、介護業界について知り、これから高齢化社会で介護が必要な方が増えていく中で、僕も何か手助けになれないかと思い、介護の専門学校へ進学しました。
そこでオオツカに出会い、社長の理念に感銘を受け、魅力的な会社だと思い入社しました。

今まで嬉しかった事は?

入社して間もない頃、配属された施設に精神疾患をもっている入居者様が居て、最初は緊張が伝わってしまい介助をさせてもらえなかったこともありました。それでも挫けず関わり続けると、ある時「新しく来る人はあんまり馴染めないけど、あなたは普通に接して大丈夫だわ」と言って下さったことが、とても嬉しかったです。
諦めずに努力することで得られた結果なので、自信もつきました。

R.Mさんのインタビュー
日々心がけていることは?

新入社員研修で、仕事をするうえでの意識の持ち方として「頼まれごとは試されごと」というワードを聞いたときに衝撃を受けました。
それ以来仕事を頼まれた時は、「自分は今試されているんだ」と意識して、少しでも良い結果がだせるように努力しています。

今後の目標は?

僕は、施設長になるという目標を掲げて入社しました。
異動をしながら経験を積み、挫けそうになった時期もありました。
それでも努力し続けたことで、会社から適正を見込まれ、現在は訪問介護事業所の管理者として、挑戦し続ける環境のなかで仕事をすることができています。また、会社の見込み通り、訪問介護の管理業務は自分に合っており、同僚や上司にも恵まれながら、充実した日々を送っています。
今後は、多様なサービスを展開していくことで、より地域福祉に貢献できる事業所にしたいと思います。また、自分の経験を活かして、人材育成も手掛けられるようになりたいと思います。

「させて頂けるだけでありがたい」とは?

日常のお手伝いをさせて頂くことは、その方の人生に直接関わらせてもらっていることだと常に思っています。
そんな素晴らしい経験をしているにもかかわらず、お客様は「ありがとね」と何度も言って下さります。
沢山のご縁に恵まれながら、人間として豊かになっていく。まさに「させて頂けるだけで、ありがたい」です。

R.Mさんのインタビュー

INTERVIEW

職員インタビュー

まずは「やってみたい」という気持ちがあれば、
介護の知識がなくても大丈夫です

エントリー